• ホーム
  • アドバイザー登録について
  • 登録・案件開始までの流れ

登録・案件開始までの流れ

皮革業界の企業が必要とする技術・管理・販売など様々な分野で知見をお持ちのアドバイザーの方を業界内外に関わらず募集しています。

  • 皮革産業に特化したアドバイザー
    熟練した技術の次世代への伝承、国内皮革製品技術の底上げ等に関してご指導いただける方。
  • Web・マーケティング、PRなどの販売支援に特化したアドバイザー
    Webサイトの企画、運営方法、販売促進方法、ネットビジネスの現状など実践的な知識の提供・アドバイスなど。
  • 貿易実務など海外展開のコンサルティングに特化したアドバイザー
    輸出入貿易実務の指導、香港国際皮革製品見本市(APLF)への出展 など、会員団体・企業に対し海外での販売活動に関する支援のできる方。
利用者はこんなアドバイザーを求めています

登録の流れ

  1. 【アドバイザー登録申請】
    企業支援ネットワークのアドバイザーとして登録を希望される方は、「企業支援ネットワーク利用規約(アドバイザー用)」の遵守に同意のうえ、「アドバイザー登録申請書(様式8)」をダウンロードし、必要事項を記入・写真貼付・押印のうえ事務局(企業支援ネットワーク担当)へ郵送により提出してください。
  2. 【アドバイザーの登録手続き】
    提出された「アドバイザー登録申請書」の内容について、 利用審査会(人材マッチング事業委員会)のメンバーが書類選考を行います。選考結果を利用審査会にはかり、承認を得て、アドバイス可能な専門分野・得意分野、自己PR・メッセージなどを「登録アドバイザー情報」ページに掲載し登録が完了します。
    なお、審査会により面接が必要と判断された際は、JLIAにおいて面接を実施した上で登録手続きをします。
  3. 【登録内容の更新、解除について】
    アドバイザーは、申し出のない限り継続的に企業支援ネットワークにアドバイザー登録されますが、登録内容に変更が生じた場合は速やかに事務局(企業支援ネットワーク担当)へ届け出てください。また、登録の解除を希望される場合は、同様に事務局へ届け出ていただくことにより解除することができます。

案件開始までの流れ

  1. 【利用者(皮革産業関連企業及び正会員(団体))からのアドバイザー情報開示依頼、支援交渉】
    利用者から「アドバイザー登録申請書(様式8)」に記載された全登録情報の開示依頼があった場合、事務局(企業支援ネットワーク担当)が相当と認めるときは、当該利用者に対し全登録情報を開示します。
    利用者が当該アドバイザーの方に支援提供を希望される場合は、利用者から直接アドバイザーの方に連絡し、支援依頼および交渉(支援内容・日程・費用など)が行われます。
  2. 【利用申請の審査と利用承認】
    アドバイザーとの交渉がまとまりましたら、「アドバイザー支援利用申請書」を利用者より提出いただきます。
    利用申請書は審査会に諮り、次の事項に該当しないものについては、利用者に対し「アドバイザー支援利用承認書」を通知します。
    (当方は費用の2/3を助成 上限額50万円)
    • ア. 申請代行や市場調査など実務的な業務をともなうもの
      (ただし、実務的な業務であっても、デザインによる付加価値の高い製品開発等の新規事業に限り、その利用を認める。)
    • イ. 取引先などの斡旋を行うもの
    • ウ. 自助努力の範囲と判断されるもの
    • エ. その他審査会が相当でないと判断するもの
    (審査会の開催日程により、利用申請から利用承認までに最大1か月かかる場合があります。)
    また、承認書に記載した支援費用の1/3相当額を利用者より負担金としてお振り込みいただきます。
  3. 【利用者からのアドバイザー支援依頼】
    支援内容・日程・費用などを含めた「アドバイザー支援依頼書」を通知します。
    ※なお、支援依頼書が通知される前にアドバイザー支援を実施されても、JLIAは一切アドバイザー支援の費用をお支払いできません。
  4. 【支援開始】
    「アドバイザー支援依頼書」に記載された支援内容・日程・場所・費用などに基づき、利用者に対しアドバイザー支援を提供していただきます。
    なお、事務局(企業支援ネットワーク担当)は、アドバイザー支援の現場を視察させていただく場合があります。
    支援終了後20日後以内に活用レポートを提出していただきます。
利用規約・申請書類
ページトップ