活用事例バックナンバー

CASE STUDY No.024
アドバイザー支援を利用された会員団体・企業
有限会社 ジェイクラフトマン
代表取締役 中村 忠裕
〈一般社団法人 日本ハンドバッグ協会〉
〒340-0815
埼玉県八潮市八潮4-21-6
TEL:048-996-4447
FAX:048-996-4652
アドバイザー支援を提供されたアドバイザー
ブルータートル
亀倉 温子
商品企画アドバイザー
〈ID 011〉
アドバイザー公開情報
アドバイザー支援を受けられた動機
 当社でも企画デザイナーを採用したかったのですが、指導できる管理者がおらず、デザイナーを雇用することがきませんでした。
 このため、皮産連の“企業支援ネットワーク”を活用させていただき、商品企画アドバイザー〈ID 011〉の亀倉さんに、新人デザイナーを採用するにあたり、企画デザイナーの育成をメインとした支援をお願いすることにしました。
アドバイザー支援の内容とその効果
  • 具体的なプレゼンマップづくり、市場の読み方、素材の選定方法 など、新人デザイナーへの教育
  • トレンドの取り入れ方についてのアドバイス
  • 当社ホームページのリニューアルにあたり、リサーチなどをふまえたアドバイス
[ 1月6日〜3月29日までの間に計6回のアドバイザー支援を受ける ]
  • アドバイスいただいたデザイン提案の仕方(企画立案 → 素材の選定 → プレゼンマップ作成 → プレゼン効果 → プレゼントーク)をふまえ実行に移したことで、すでに受注に繋がり、企画営業としての自立に成功しました。
  • 展示会(レザーフェア)・市場調査などを通じて、トレンドの見つけ方や流行色などについてアドバイスを受け、デザインに反映させることができました。
  • ホームページのリニューアルに伴い、アドバイスいただいた点(イメージが暗い・インパクトに欠ける・明確なコンセプトが伝わらない・同じ写真が多すぎる)をすべて改善しました。客観的な意見が訊けたことは非常に役立ちました。
3月29日(月)のアドバイザー支援風景
アドバイザーの亀倉さん(右)にプレゼンマップの作成について相談する有限会社 ジェイクラフトマンの前田さん(中央)。
左は、代表取締役の中村さん。
アドバイスを受けリニューアルされたホームページ
http://www.jcraftsman.co.jp
  • 長年の経験からの手取り足取り的な指導は、当社内部だけではなかなかできないことです。外部からの支援だからこそ成し得た結果だと思います。
企業支援ネットワークに対するご意見
 経営革新が必要なこの時代において、内部資源だけでの経営は難しいと思います。このような外部支援こそが中小企業には必要であり、今後はもっと不可欠な時代になると思います。
 当社では政府事業の『新現役』制度にも参加しましたが、スキル面では劣るかもしれませんが業種を絞ったこの制度は、最適なマッチングを実現できているものと実感しております。
ページトップ